脱毛をしてもいい肌としてはいけない肌はあるの??

お肌の状況は人によって、時期によって違うもの…

乾燥肌や敏感肌などお肌にトラブルを抱えている状態だったり、日焼けした後だったり…脱毛することは出来るのか?まずはこのページを見て自分の体、お肌と相談をしてみてください。

肌が弱い、アトピー肌の人

肌が弱い人は、カミソリ負けもしやすくムダ毛処理にお困りの方が多いと思います。

家庭用脱毛器では毛根に光をあてるので大きなトラブルは聞いたことはありませんが…まずは皮膚科に相談をした方が良いです。自己判断は禁物です。脱毛器を使う前に、カミソリなどでの自己処理が必要です。また、脱毛処理後はお肌の乾燥が進みます。そのため、お肌が弱い方にはプレケア・アフターケアが重要。脱毛サロンではなく皮膚科などだと、医師の判断で脱毛できるかどうかを見てくれるので安心です。万が一トラブルがあってもしっかり対処してくれる事も考えると、最初は病院での脱毛をおすすめします。

妊婦さん

妊娠中はムダ毛が濃くなる…身体の本能で赤ちゃんを守るために毛が濃くなると言われています。ムダ毛が気になる気持ちはよく分かりますが、妊婦さんの家庭用脱毛器利用はNGです。

まず妊婦さんはホルモンバランスが違います。そのため、普段と違う身体に脱毛をすることで、普段と違う反応を起こしてしまうかもしれません。また、脱毛サロンや医療機関でも同様に行っても断られると思います。

また、授乳中の方もホルモンバランスがいつもと違うためNGです。妊婦さんや授乳中のママのムダ毛処理としては「除毛クリーム」などを使う方法があります。

出産と授乳が完了して、ホルモンバランスがしっかりと整った後に脱毛器は使用して下さい。

生理中の肌

生理前から生理中は、女性ホルモンのバランスが、大きく変化します。肌荒れのもととなる「黄体ホルモン」が、生理前から分泌されやすくなり肌の不調を感じる方も多いのでは?

そんな時に、脱毛しても良いのでしょうか??答えとしてはOKです。

ただし!!生理中の肌は、ホルモンバランスの乱れからとっても敏感で傷つきやすい…

そのため、生理中はカミソリで剃る事も、毛抜きで抜く事も肌を傷める原因になります。

生理中の肌は、痛みを強く感じたり、赤み・かゆみが出る、炎症を起こすなどトラブルになる可能性が大!!!

上記のような肌のダメージの事を考え、脱毛エステでも生理中はNGのところも多いです。家庭用脱毛器は、サロンの脱毛器よりもパワーが小さいので、肌へのダメージが弱いのですが、少なからず肌へのダメージはあります。ご自身のお肌と相談ではありますが、脱毛をしてキレイな肌を目指すのならば止めておいた方が良いと思います。

子供は大丈夫??

今は小学生でも脱毛可能なエステサロンも増えて、脱毛の口コミやランキングのサイトでも「お子様対応可能」と記載があるのをみかけます。何歳から脱毛は可能なのでしょうか??

本来、家庭用脱毛器の利用については「未成年の使用は禁止」されています。

一般的に「生理が始まって5年以上たってから脱毛するのが良い」とされているようです。

子供は、まだまだ体も心も成長している途中のため、成長の途中で脱毛しても、再びムダ毛が生えてくる可能性が高いとも言われています。身体のホルモンバランスもまだまだ不安定なため、ホルモンバランスが整ってから脱毛する事がベストと言われています。

脱毛の際に、間違った使い方で火傷などの肌トラブルを起こすことも心配です。ホルモンバランスが不安定の場合、普通以上に重傷になることも考えられます。また、脱毛前後は日焼けは厳禁です。プールの直前に…と言っても既に紫外線を浴びている可能性もあり、肌を傷つけることもあります。自己判断にはなりますが、家庭用脱毛器の共有もしたいと思いますが、未成年の間は、その他の除毛方法でのケアがオススメです。

光線過敏症

光線過敏とは、光線の照射によって被照射部に丘疹(きゅうしん)、紅斑(こうはん)、水疱(すいほう)、蕁麻疹(じんましん)などの皮膚症状があらわれたり、光線が関節炎、気管支炎の原因となる疾患のことです。光線過敏には、遺伝性のものや代謝異常のもの、だれにでも起こりうる日焼(光毒性光線過敏症)などがあります。

そのような、光線過敏症の人は脱毛はできません・・・

光脱毛は光を当てるため、光に過敏に反応してしまう症状を持つ人は、脱毛することで肌にダメージを与えます。ダメージにより、被照射部に丘疹(きゅうしん)、紅斑(こうはん)、水疱(すいほう)、蕁麻疹(じんましん)などが出る可能性があり、痕になる可能性もあります。

脱毛に興味がある人は、医師に相談をすることと、光脱毛以外の脱毛方法をご検討ください。

タトゥーをしている肌

ファッションの1つとして、タトゥーを入れているという人は少なくありませんが、実はそのタトゥーが脱毛をする際に障害になってしまう事があります。

光脱毛は、レーザーよりも出力が弱めですが、毛根部分のメラニンに反応させて毛を造り出す毛母細胞という組織を熱処理していきます。そのため、メラニンに反応する性質を持っています。

タトゥーはメラニンとして認識されてしまい、レーザーや光がその部分に集中することで、ヤケドの恐れがあります。そのため、ほとんどの医療機関・エステサロンで脱毛は断られてしまうと思います。タトゥーが入っている場所から5cm~10cm離れていれば脱毛ができる、という医療機関やエステサロンもありますが、そうするとムダ毛の処理は時間や回数を要します。また、家庭用脱毛器で自分であてるのは非常に危険です。タトゥーが入っている方は、レーザーでも光でもない脱毛が可能です。それはニードル脱毛(針脱毛、絶縁針脱毛、電気脱毛)です。

ニードル脱毛は、医療機関や資格を持った限られたエステサロンで行っている電気針の脱毛で、毛穴に針を刺して電気を流す方法ですから、タトゥーの有無に関係なく施術ができます。ただし、針を毛穴に刺しますので、痛みが伴いますが、自己判断での脱毛よりも安全と言えます。

タトゥーをしている方は、参考にした上で、皮膚科など医療機関で「脱毛を受けることができるか?」を聞いてみましょう。

肌の色が黒い人

脱毛は基本的に、日焼けをしている肌には、しないほうがいいです。脱毛器の多くは熱で脱毛します。その熱(光)は、毛根のメラニン(黒い色)に反応し発射されます。毛根は熱によって破壊され、毛が生えてこなくなる仕組みです。そのため、肌の色が濃いとその光がメラニンだけでなく肌に反応してしまい、ヤケドをしてしまう可能性があるのです。そのため、肌の濃い人も脱毛ができない場合があります。日焼けした人ももちろん脱毛はできません。

どの程度の肌色なら脱毛できるか??というのは、各家庭用脱毛器の取扱説明書に書かれていますので、参考にしてください。