脱毛がNGな時期

肌も生理前等で調子が悪くなってしまう方もきっといらっしゃいますね。

脱毛もホルモンが関係しないわけではありません。そのほかにも脱毛がだめな時期をピックアップしてみました。

  • 日焼け直後

    日焼けをすると肌が乾燥し、敏感な状態になっているため痛みを感じやすくなることはもちろん、脱毛器は、脱毛器の光が黒~茶色に反応して脱毛するため、肌が黒いと熱を過度に吸収してしまい火傷をしてしまう恐れもあるのです。
    おすすめとしては「脱毛しよう!」と思う1ヶ月前から日焼けは避ける方がべスト。 肌を出したくなる時期も日焼け止めをこまめに塗ったり、長袖の服を着るなど対策が必要になります。

  • 生理前・生理中

    生理前~生理中はホルモンのバランスがくずれる場合もあり、生理前後でいつもより肌が敏感になるという方は避けた方が無難かもしれません。実際「いつもより痛い」「処理したら肌が赤くなった!」とい声もあると聞きます。
    たとえ肌あれはしない方もホルモンバランスの変動ははげしい時期ではあるため、脱毛器での処理を行った場合はいつもより念入りにアフターケアを行いたいものです。
    たとえば処理後には必ず保湿効果の高いローションでしっかり乾燥防止のためのケアするなどといった心がけは必要かもしれません。

  • 妊娠中・授乳時期

    妊娠中は、女性ホルモンの量が大きく変動する時期。
    全身の毛も濃くなったり、薄くなったりすることもあります。つまり毛のサイクルもが非常に不安定な時期ですので脱毛器の処理も効率的な効果が得られないかもしれません。
    また妊娠・授乳期はストレス自体避けたいもの。通常とは違う痛みなどはもってのほかです。流産や早産の原因にもなりかねません。
    出産後の授乳期でも、痛みを強く感じたり、赤く腫れてしまったりということも考えられ、この時期の脱毛はとにかくお休みするのが得策です。授乳が終了し、生理が順調に来るようになってから再開した方がよいかと思います。

  • 未成年期

    未成年は体の成長がまだ発展途上な時期。身体のホルモンバランスがしっかりと整ってから脱毛する事がベストだといえるでしょう。
    例え脱毛したとしても、再びムダ毛が生えてくる可能性も高いのではないでしょうか?
    また、脱毛前後は日焼け厳禁ですのでそれを子供に避けられるかというと微妙なところというのもあります。