やっぱり家庭用脱毛器は、Made In Japan?

最近の脱毛器事情

近年注目されている家庭用脱毛器。エステサロンや美容クリニックなどで、高い料金を支払って、長期間通う手間もなく、リーズナブルな価格で脱毛ができ、自宅でしかも自分のペースに合わせて簡単にできるのが最大のポイント。しかも最近では安くて性能が良い商品も各種メーカーからたくさん販売されているのです。

この市場においても、日本製はもちろんですが、海外製品も多く出ているのが現状です。海外製の家庭用脱毛器は、日本製に比べて価格もリーズナブルで安く、一瞬飛びついてしまいそうになってしまいます。ですが、海外製の家庭用脱毛器はやはりその国の肌質や毛質に合わせた構造で作られているため、安いとはいえ決して日本人向きとは言えません。

この条件は、すべての海外製品の家庭用脱毛器がそうというわけではありませんが、やはり日本人の肌質や毛質に合わせて製造された日本製の家庭用脱毛器が最も日本人向きかと思います。

その他、海外製品の家庭用脱毛器のデメリットとしては、保証期間が短かったり、全くと言っていいほど保証期間がなかったり、さらに故障して修理使用とすると交換カートリッジを海外から取り寄せてなどといった手間がかかってしまうこともしばしばあります。その他、海外製品の場合、電話窓口が日本で対応していないなど、細かい部分での対応ができないケースがほとんどです。

ですが、日本製の家庭用脱毛器であれば、家電量販店などで購入すれば、メーカー保証+家電量販店の製品保証、さらにはすぐに交換カートリッジを購入することができるといったメリットがあります。故障やトラブルなどの対応もメーカーに電話ですぐに問い合わせる事もできます。長期的に使う商品ですので、やはり保証がしっかりとしていて、故障やトラブル時の対応がスムーズな日本製のほうがよいと言えます。

さらに、実際に海外製品を使ってトラブルになっているということはたくさんあるといった現状も確かです。ですが、それは海外製品の家庭用脱毛器が性能が悪いということではなく、上記で述べたように、日本人の肌に合わないものの方が多いためトラブルになってしまっているという背景も考えなくてはなりません。